“飛び道具”はもう使えない 新元号の紅白に早くも不安材料

公開日:  更新日:

 大みそかの第69回NHK紅白歌合戦は、夜9時からの第2部で視聴率が41.5%(関西地区は40.5%。ビデオリサーチ調べ)と2年ぶりに大台を突破した。

 サザンオールスターズの35年ぶりのNHKホール登場で、桑田佳祐(62)が熱唱中のステージに大御所の北島三郎(82)と“ユーミン”松任谷由実(64)もあがり、ユーミンが桑田の頬にキスするハプニングも。その熱気は画面越しにも十分に伝わってきた。だが、古参のレコード会社スタッフからはこんな声も聞こえてくる。

「特別枠とベテラン勢のおかげで辛うじてメンツを保っただけ。そのベテランたちも聖子といいユーミンといい北島さんといい、往年の歌唱力には程遠く、痛々しくもあった」

 毎年、視聴率のガクンと落ちる五木ひろしには、バックでDA PUMPを登場させ、三山ひろしはけん玉のギネス記録に挑戦。何とか歌以外で興味を持たせようとしていたけれど、歌や歌手自体にパワーがあれば、こんな小手先の演出は必要ないのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る