姉のアリスと双璧…広瀬すずの“白目むき出し演技”が評判

公開日: 更新日:

 1月期の主演ドラマ「anone」(日本テレビ系)の平均視聴率が6%台にとどまり、その名に傷がついたかと思いきや……。若手女優の中で人気・実力ともにナンバーワンと名高い広瀬すず(20)。先月はヒロインを務めるNHK朝ドラ「夏空―なつぞら―」(2019年4月放送開始)がクランクインし、先週24日には東京オリンピック・パラリンピックのボランティア募集のCM起用が発表され、本領発揮とばかりに存在感を放っている。

 来月31日に封切りとなる映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(大根仁監督、東宝系)もそのひとつ。広瀬は主人公(篠原涼子)の高校時代を演じ、池田エライザ(22)とコギャル姿でポージングしたメーキング写真が公開されるやいなやネット上で話題をふりまいた。

 だが、今作の本当の見どころはそんな見目麗しい表情ではない。映画評論家の秋本鉄次氏は、「豊満ボディーを強調する衣装で口汚い言葉を連呼する小池栄子を久しぶりに拝めたことが、個人的には最大の収穫」と前置きした上で広瀬の演技についてこう評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る