姉のアリスと双璧…広瀬すずの“白目むき出し演技”が評判

公開日:

 1月期の主演ドラマ「anone」(日本テレビ系)の平均視聴率が6%台にとどまり、その名に傷がついたかと思いきや……。若手女優の中で人気・実力ともにナンバーワンと名高い広瀬すず(20)。先月はヒロインを務めるNHK朝ドラ「夏空―なつぞら―」(2019年4月放送開始)がクランクインし、先週24日には東京オリンピック・パラリンピックのボランティア募集のCM起用が発表され、本領発揮とばかりに存在感を放っている。

 来月31日に封切りとなる映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(大根仁監督、東宝系)もそのひとつ。広瀬は主人公(篠原涼子)の高校時代を演じ、池田エライザ(22)とコギャル姿でポージングしたメーキング写真が公開されるやいなやネット上で話題をふりまいた。

 だが、今作の本当の見どころはそんな見目麗しい表情ではない。映画評論家の秋本鉄次氏は、「豊満ボディーを強調する衣装で口汚い言葉を連呼する小池栄子を久しぶりに拝めたことが、個人的には最大の収穫」と前置きした上で広瀬の演技についてこう評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る