姉のアリスと双璧…広瀬すずの“白目むき出し演技”が評判

公開日:

 1月期の主演ドラマ「anone」(日本テレビ系)の平均視聴率が6%台にとどまり、その名に傷がついたかと思いきや……。若手女優の中で人気・実力ともにナンバーワンと名高い広瀬すず(20)。先月はヒロインを務めるNHK朝ドラ「夏空―なつぞら―」(2019年4月放送開始)がクランクインし、先週24日には東京オリンピック・パラリンピックのボランティア募集のCM起用が発表され、本領発揮とばかりに存在感を放っている。

 来月31日に封切りとなる映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(大根仁監督、東宝系)もそのひとつ。広瀬は主人公(篠原涼子)の高校時代を演じ、池田エライザ(22)とコギャル姿でポージングしたメーキング写真が公開されるやいなやネット上で話題をふりまいた。

 だが、今作の本当の見どころはそんな見目麗しい表情ではない。映画評論家の秋本鉄次氏は、「豊満ボディーを強調する衣装で口汚い言葉を連呼する小池栄子を久しぶりに拝めたことが、個人的には最大の収穫」と前置きした上で広瀬の演技についてこう評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る