NHK桑子真帆アナに独立説急浮上 “ポスト有働”に民放熱視線

公開日: 更新日:

 “ポスト有働由美子”として局の期待を一身に背負う桑子真帆アナ(31)に独立説が飛び交い始めている。

「来年3月で退局を考えているというんです。本人は否定というか、お茶を濁すばかり。上層部はこの情報にただオロオロしています」(NHK関係者)

 桑子アナといえば看板報道番組「ニュースウオッチ9」のキャスターに加え、2年連続で紅白歌合戦の総合司会にも起用されるなど、いまや誰もが認めるNHKの絶対的エース。桑子の独立話は以前から局内で囁かれていたというが……。

「一つは上司との折り合いが悪く、仕事のやり方に対し常に不満があったといわれています。現在は『ニュースウオッチ9』のキャスターを務めているものの、本当にやりたいのはバラエティー番組だったとか」(前出のNHK関係者)

 それに輪を掛けたのがフジテレビ谷岡慎一アナ(31)と入籍からわずか1年で離婚してしまったこと。もう亭主や家庭のことを気にせずに自身の才覚で勝負できる環境下にあることも大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る