日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

インフルより怖い 「RSウイルス」パンデミック秒読み危機

 最近、気温がグッと下がり、感染症が心配な季節になってきた。いま、「インフルエンザウイルスより怖い」と内科医の間で囁かれているのが「RSウイルス」だ。このウイルス、感染予防のワクチンがないばかりか、特効薬まで存在しないというから恐ろしい。どんなウイルスなのか。

 倉敷中央病院の総合周産期母子医療センター・渡部晋一主任部長はこう話す。

「RSウイルスは、健康な成人なら鼻風邪程度の症状で済むことが多いので、気付かず放置する人が大多数です。それだけに接触・飛沫感染で爆発的に広がっていきます。免疫力の弱い乳幼児や高齢者は重症化し、命を落とすこともある。肺炎や気管支炎ばかりか、インフルエンザのように脳症を起こすともいわれています。ウイルスが心臓に感染する心筋炎を引き起こす例もあるようです」

 知らないうちに、自分の子どもにうつす危険があるということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の健康記事