専門家が警鐘 デング熱で次に危ないスポットは「ゴルフ場」

公開日: 更新日:

「今年の夏は、蚊が少ない」と情報番組やネットで話題になった直後、ヒトスジシマカがデングウイルスを媒介するデング熱が、猛威を振るいはじめた。感染者は116人に上る。その“震源地”は東京・代々木公園で、周辺の明治神宮や新宿御苑に飛び火している。

 実は、街中から蚊が消えたことと、ウイルスを保有した蚊が公園などの緑地帯で捕獲されたことは、密接な関係がある。ヒトスジシマカが活発に活動する気温は25度。35度以上だと、死ぬ可能性があるため、30度を超えると、直射日光が当たる市街地から“避暑地”の公園などに逃げるというのだ。そこで、次の“危険スポット”としてマークされているのが、ゴルフ場である。

 熱帯の感染症に詳しい東京医科歯科大名誉教授・藤田紘一郎氏が言う。

「私が40年来、研究で訪れているインドネシアやフィリピンなど東南アジアの熱帯エリアでは、デング熱が流行するとき、必ずゴルフ場が含まれています。ゴルフ場には、池があり、雨が降れば林に水たまりができる。蚊が発生しやすいのです。フェアウエーの気温は30度を超えていても、林の中は20度台後半でひんやり。そこにボールを打ち込んで、ボールを捜しているうちに何カ所も蚊に刺され、デング熱に感染するのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る