エボラ禍でテレビ局大慌て 海外取材番組“自粛”拡大の可能性

公開日:  更新日:

 世界中がエボラウイルスでパニックだが、海外取材の多いテレビ業界も頭を抱えている。とくに最近は海外に出かける番組、外国人を取り上げる番組が急増中。リベリアに滞在歴のある外国人ジャーナリストが、羽田で発熱しただけで大騒ぎになっただけに、海外関連番組が慌てるのも当然。

 たとえば「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)、「ネプ&イモトの世界番付(同)、「YOUは何しに日本へ?」(テレビ東京系)、「世界の村で発見!こんなところに日本人」(テレビ朝日系)などがあるが……。

「とにかくアフリカ方面の取材、企画はNGになるでしょう。もしエボラウイルスに感染したら大騒動になってタレントへの補償といった程度で済む話ではなくなる。だいたいタレントは海外に行きたがらないし、事務所もタレントを出したがらない。これでは番組が成り立たない。あるキー局ではエボラに関して規定を作る方向で動いています」(キー局編成マン)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る