エボラ禍でテレビ局大慌て 海外取材番組“自粛”拡大の可能性

公開日: 更新日:

 世界中がエボラウイルスでパニックだが、海外取材の多いテレビ業界も頭を抱えている。とくに最近は海外に出かける番組、外国人を取り上げる番組が急増中。リベリアに滞在歴のある外国人ジャーナリストが、羽田で発熱しただけで大騒ぎになっただけに、海外関連番組が慌てるのも当然。

 たとえば「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)、「ネプ&イモトの世界番付(同)、「YOUは何しに日本へ?」(テレビ東京系)、「世界の村で発見!こんなところに日本人」(テレビ朝日系)などがあるが……。

「とにかくアフリカ方面の取材、企画はNGになるでしょう。もしエボラウイルスに感染したら大騒動になってタレントへの補償といった程度で済む話ではなくなる。だいたいタレントは海外に行きたがらないし、事務所もタレントを出したがらない。これでは番組が成り立たない。あるキー局ではエボラに関して規定を作る方向で動いています」(キー局編成マン)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る