エボラ禍でテレビ局大慌て 海外取材番組“自粛”拡大の可能性

公開日: 更新日:

 世界中がエボラウイルスでパニックだが、海外取材の多いテレビ業界も頭を抱えている。とくに最近は海外に出かける番組、外国人を取り上げる番組が急増中。リベリアに滞在歴のある外国人ジャーナリストが、羽田で発熱しただけで大騒ぎになっただけに、海外関連番組が慌てるのも当然。

 たとえば「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)、「ネプ&イモトの世界番付(同)、「YOUは何しに日本へ?」(テレビ東京系)、「世界の村で発見!こんなところに日本人」(テレビ朝日系)などがあるが……。

「とにかくアフリカ方面の取材、企画はNGになるでしょう。もしエボラウイルスに感染したら大騒動になってタレントへの補償といった程度で済む話ではなくなる。だいたいタレントは海外に行きたがらないし、事務所もタレントを出したがらない。これでは番組が成り立たない。あるキー局ではエボラに関して規定を作る方向で動いています」(キー局編成マン)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  4. 4

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  5. 5

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る