• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

名古屋の20センチ上回る…東京のドカ雪 春までに10回

 今月17日の名古屋での大雪は、東京でのドカ雪を暗示している――。気象専門家の間で、厄介な予測が浮上している。今シーズンの東京は、名古屋の積雪20センチを上回るような大雪が春先まで相次ぐというのだ。

■エルニーニョもどきの影響

 日本海側に比べて雪が降りにくい太平洋側の東京が雪に覆われるのはなぜか。

 海洋研究開発機構アプリケーションラボ所長の山形俊男氏が言う。
「気象庁は、ペルー沖の海水温が上昇するエルニーニョ現象から暖冬を予測したのですが、海水温を詳しく分析すると、水温が高いエリアは太平洋の中央で、ペルー沖は低く、エルニーニョとは微妙に異なる“エルニーニョもどき”です。このケースだと、北極を中心として鉢巻き状に反時計回りに回る偏西風が、日本付近で南に蛇行します。蛇行した部分に吹き込んだシベリアの寒気に、北海道から九州まで広く覆われるため、日本海側の豪雪地帯だけでなく、太平洋側でも雪が降りやすいのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る