来年度から寄付上限額2倍に 専門家注目の「ふるさと納税」

公開日: 更新日:

「ふるさと納税」で、ついに10億円突破だ。長崎県平戸市は22日、今年度の寄付申込額が約10億2420万円(約2万6400件)になったと発表した。10億円超えは全国初で昨年の寄付額の26倍だという。

「ふるさと納税」は、指定した自治体に住民税を納めれば、2000円の自己負担を除いて納税額が一定額、控除される仕組みだ。納税額に応じて特産品をプレゼントしている自治体が多く、実質2000円の負担で、高級和牛や鯛やメロンなどが手に入る。輸入品の値上がりが止まらないなか、“節約”には持ってこいだ。

 しかも、来年度から「ふるさと納税」は、寄付の上限額が2倍になる。現在年収500万円の夫婦世帯は2万8000円までしか寄付できないが、5万6000円まで寄付できるようになる。その分、自治体からもらえる特産品もリッパなものになる。そのうえ確定申告も不要になり、グッと使い勝手がよくなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る