タイヤ破裂だけじゃない 侮れないマイカー「メンテ事故」

公開日:  更新日:

 帰省する前に車をメンテナンスしようとしている人にとっては、聞き捨てならない事故だ。滋賀県のガソリンスタンドで22日、男性スタッフが大型トラックのタイヤに空気を入れていたところ、タイヤが破裂。その衝撃で命を落としたのだ。

 同じようなタイヤ破裂による死亡事故は陸上自衛隊大宮駐屯地でも起きている。大型車両でなくても、車のメンテナンス中の事故は少なくないという。自動車ジャーナリスト・横田晃氏が言う。

「よくあるのは、エンジンルームの点検中のヤケドです。衣服が巻き込まれて、発火することもある。冷却水が熱いうちにラジエーターキャップを外し、噴き出した蒸気や熱湯で大ヤケドする人もいます。ハイブリッドカーだと、高電圧の配線に触れて感電死。時間を短縮しようと、充電しながら洗車し、充電装置に水がかかると、火災や感電の原因になります」

 ジャッキアップ中の事故は、大ケガになりやすい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る