両脚がない8歳難民少女の運命を変えた父親製“ツナ缶”義足

公開日:  更新日:

 生まれつき両脚がなく、父親が空き缶を利用して作ったお手製の「義足」を装着した少女に注目が集まっている。
 英語版アルジャジーラ(7日付電子版)などによると、彼女はシリアのアレッポで生まれたマヤ・メルヒちゃん(8つ)。父親と共に戦火を逃れて、シリア北部イドリブの難民キャンプで暮らしている。

 焼けつくような地面と汚れからマヤちゃんを守るため、同じく両脚がない父親のモハッマドさんは、ツナの空き缶と塩化ビニールのパイプを組み合わせて「義足」を作ってあげた。マヤちゃんはそれを着け、キャンプの学校に通っていた。

 その姿を撮影した写真がネット上に流れ、少しずつ拡散し、人道主義団体「トルコ赤新月社」の知るところとなった。同団体は、マヤちゃん親子を首都イスタンブールに招き、新しい義足を作って贈ることにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る