角田太郎さん(カセットテープ専門店「waltz」代表)第5回

公開日: 更新日:

「何台買い換えたかな。10台は買ったかも。こうやって自分が売る立場になってわかったのですが、1990年代に流通していた薄型のカセットサイズのウォークマンってすごくもろいんです。リモコンで操作するタイプはイヤホンのリモコンが断線しますし。気づいたらイヤホンの片方から聞こえなくなっていたってよくあったじゃないですか。だからwaltzで売っているウォークマンは、そういう壊れやすいものは直しにくいので扱いませんね。ガチャンとボタンを押すタイプのモノを選んで売っています」

 ――するとプレーヤーでおすすめのものは。

「ラジカセしろウォークマンにしろ、あらゆる家電製品に言えるのでしょうが、多機能になるほど壊れやすいし、直しにくいんです。シンプルなものが一番いい。壊れにくいんですよ。テープの頭出しって昔あったじゃないですか。曲間を探して早送りが止まるっていう。あの機能も当時は便利だと思っていましたけど、オートリバースもそうですけど、あそこから壊れていくことってすごくあるんです。うちもそういう機能がついている製品を売っていますが、あまり多用しないほうがいいですよって買われた方にはアドバイスしています。せっかくリペア(修理)した40年前のプレーヤーを使うのならば、長く丁寧に使ったほうがいい。waltzでは修理をしますが、修理もお金がかかりますし。そのためには丁寧にシンプルに使ってもらうのが一番ですよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る