人気沸騰の村上隆作品 4万円台のポスターが10万円で取引も

公開日: 更新日:

 前回までの取材で、アート作品の価値は海外の批評家たちの評価で決まることがわかった。アート投資を成功させるには海外で評価が高まり価格が上昇する作品を探さなければならない、ということになる。

「1970年ごろまでに制作された草間彌生さんの作品であれば、海外から非常に高い評価を受けているので今後も確実に値上がりするでしょう」と言うのはコレクターのD氏。

 しかし、「草間さんのその時期の作品はすでに高値で取引されていて、中にはオークションで億単位の落札価格がつくものもある」(D氏)。

 キュレーターのF氏が説明する。

「これから値上がりしそうな作品というのは、すでに多くの人が注目している作品なので取引価格も上昇し始めている。少なくとも数千万円の元手がなければ、そういう作品は購入できない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  8. 8

    阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安

  9. 9

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  10. 10

    長引き離婚を巡る「世界のキタノ」と「世界の三船」の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る