1億円払っても元がとれる 「鳩レース」の知られざる世界

公開日: 更新日:

中国や台湾では人気のピーク

 今年3月、史上最高のレース鳩と呼び声の高い「アルマンド号」が、125万2000ユーロ(約1億5900万円)で中国人に落札され話題になった。鳩レースは日本でも「レース鳩0777」(1978年~1980年に「週刊チャンピオン」で連載)という少年漫画があるほど人気の時代もあったが、今ではほとんど話題に上がらない。しかしながら、ヨーロッパではいまだに貴族のスポーツとして根強い人気があるという。さらには中国や台湾では今がまさにピークだという。

 日本で鳩レースを実施している団体には、一般社団法人日本鳩レース協会と一般社団法人日本伝書鳩協会がある。元は一つの団体だったが二団体に分かれた。そこで日本鳩レース協会の真部武志・総務担当常任理事に鳩レース事情について聞いた。同協会は約1万人の会員がいるという。

「大前提として、日本とヨーロッパや中国や台湾の間に鳩レースについて根本的に違いがあります。ヨーロッパ、中国、台湾は1億円、何千万円という賞金が出ますが、日本には賞金レースはないということです。スポンサーがつけば別ですが、鳩を飼っている人がお金を出し合ったら賭博になってしまいます。それではなぜ鳩レースをやるために鳩を飼っているかというと、優勝という名誉のためだけです。日本の場合は最初から趣味でやっている。これは鳩を飼っている人しかわからないでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

もっと見る