1億円払っても元がとれる 「鳩レース」の知られざる世界

公開日: 更新日:

中国や台湾では人気のピーク

 今年3月、史上最高のレース鳩と呼び声の高い「アルマンド号」が、125万2000ユーロ(約1億5900万円)で中国人に落札され話題になった。鳩レースは日本でも「レース鳩0777」(1978年~1980年に「週刊チャンピオン」で連載)という少年漫画があるほど人気の時代もあったが、今ではほとんど話題に上がらない。しかしながら、ヨーロッパではいまだに貴族のスポーツとして根強い人気があるという。さらには中国や台湾では今がまさにピークだという。

 日本で鳩レースを実施している団体には、一般社団法人日本鳩レース協会と一般社団法人日本伝書鳩協会がある。元は一つの団体だったが二団体に分かれた。そこで日本鳩レース協会の真部武志・総務担当常任理事に鳩レース事情について聞いた。同協会は約1万人の会員がいるという。

「大前提として、日本とヨーロッパや中国や台湾の間に鳩レースについて根本的に違いがあります。ヨーロッパ、中国、台湾は1億円、何千万円という賞金が出ますが、日本には賞金レースはないということです。スポンサーがつけば別ですが、鳩を飼っている人がお金を出し合ったら賭博になってしまいます。それではなぜ鳩レースをやるために鳩を飼っているかというと、優勝という名誉のためだけです。日本の場合は最初から趣味でやっている。これは鳩を飼っている人しかわからないでしょうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  4. 4

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  5. 5

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  6. 6

    テレ東の番組で司会の山城新伍とつかみ合いの喧嘩になって

  7. 7

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  8. 8

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  9. 9

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  10. 10

    巨人・岡本が年俸1億円突破 若き主砲支えた「3人の恩人」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る