ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

公開日: 更新日:

【読み切りドキュメント】美術商の事件簿

 駅に降り立ったとき、好きな石川さゆりの歌を思わず口ずさんでいた。だが、改札から外に出ても、青森駅は雪の中ではなかった。その年は東北も暖冬で、初春ということもあって、雪は残っていなかった。

 目的地の五所川原市まではレンタカーだ。青森駅からは1時間程度らしい。

「染谷さん、これが簡単な資料です」

 後部座席の隣に座る今野ディレクターがクリアファイルを手渡してきた。東京からの電車の中、私が朝食の駅弁を食べるや寝込んでしまったので、打ち合わせは車の中になったのだ。

(羽柴 秀吉)

 また、すごい名前をつけたもんだ。もちろん、テレビなどで名前と顔くらいは知っていたが、会うのは初めてだ。そう、羽柴秀吉に会いに、テレビ局の取材チームに同行して私は五所川原市に向かっているのだ。

■青函トンネルで財を成し自宅にお城や国会議事堂

「本名は三上誠三さんといって、1949年、えーと昭和24年生まれですね。中学を卒業してから出稼ぎで金を貯め、21歳でダンプカーを買って始めたのが運送会社。これが当時の青函トンネル建設にぶつかり、ドカーンと儲かったようです。このころに近くの寺の住職から、おまえは羽柴秀吉の生まれ変わりだといわれ、本人は秀吉を名乗っているそうです。27歳の時には青森県の長者番付に名前が載り、その後、建設業や旅館業に手を広げ、今や総資産は200億円とも300億円ともいわれています」

「300億円!?」

 運転手を買ってでたカメラマンが大声をあげたが、今野ディレクターは説明を続けた。

「まあ、それでもって、金を湯水のごとくというか、自宅にお城や国会議事堂を建てたり、あっちこっちの選挙に出ているわけですね」「ほらほら、染谷さん、あれが歌手の吉幾三の自宅です。すごい家でしょう。このあたりは有名人の宝庫だな」

 そうこうしているうちに、目の前にお城が見えてきた。目的地到着だ。

 小田原城を模した自宅で出迎えてくれた羽柴秀吉は、テレビで見た通り、豪快な顔つきだった。

 その日の私の役割は、彼が所蔵するお宝を鑑定することだった。東京のテレビ局が全国各地の有名人の自宅を拝見し、秘蔵品を鑑定する。その鑑定役として声をかけられたのだ。

 自宅といっても敷地は果てしなく広い。私たちはトラクターに乗せられて移動した。カメラマンは、実物の3分の1ほどの国会議事堂やお城を丹念に撮影していたが、私が思わず噴き出してしまったのは、巨大なミサイルの模型だった。秀吉さんは、「核を撃ち込まれたときに迎撃するパトリオットミサイルだ」と説明したが、よく見ればベニアにペンキを塗った張りぼてだ。しかしアメリカの偵察衛星にキャッチされ、「日本の田舎でこっそりミサイル基地をつくっている。テロリストか!」という情報が日本政府に伝わり、自衛隊が駆けつけ怒られる騒ぎになったらしい。それで爆笑となったのだが、ともあれ、この張りぼてを見て、私は嫌な予感がしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか