角田太郎さん(カセットテープ専門店「waltz」代表)第1回

公開日: 更新日:

僕がAmazonに転職したわけ

 就職活動で人気上位にあがる企業は最近はI系が多いが、中でも人気があるのはAmazon(アマゾン)だ。そのアマゾンを40半ばで退職、ITテクノロジーとは間逆のアナログ・ビジネスを始めた人がいる。東京・中目黒にあるwaltz代表取締役の角田太郎さん(49)だ。waltzは世界で唯一のカセットテープ専門店とも呼ばれているユニークな店。角田さんに働くことや音楽についてロングインタビューできた。5回にわたって掲載する。

 ◇  ◇  ◇

■ラジオのトップ40で洋楽に目覚める

 ――角田さんは目黒の出身ですか。

「生まれも育ちも目黒で、今住んでいる家も近くです。細かく言うと下目黒が私の生まれ育ったエリアなんです。子どもの頃ピアノを習っていて、先生が中目黒だったので週に1回自転車で中目黒に通ってきていました。私これやるまでアマゾンに14年間いたのですが、アマゾンのオフィスも目黒にあるんですよ。家もすぐ近くだし、近すぎていやだったので中目黒にお店を開きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る