角田太郎さん(カセットテープ専門店「waltz」代表)第4回

公開日: 更新日:

カセットは同世代のカルチャーになっている

 現代のカセットカルチャーは世界の音楽シーンでどのようにして生まれ、広がったのか。なぜアーティストたちがカセットテープという形で音源を発売しようとしているのか。専門店のオーナーが語る。

 ◇  ◇  ◇

 ――若者たちが好むカセットミュージックはどのようなジャンルの音楽ですか。

「うちのカセットテープの品揃えは大きく二つに分かれるんです。棚に入っているカセットは旧譜。発売当時に出ていた音楽です。テーブルの上に出ているカセットが現行でリリースされた新譜です。若い子達は新譜を買っていく傾向がすごく強いです。

 世界中のレーベルやアーティストからwaltzで新譜を扱って欲しいという問い合わせが毎日ばんばん入ってくるんです。それをぼくが全部聴いた上で、うちのテイストにあう音源を厳選して仕入れています。アーティストたちもノスタルジーとかを全然感じていません。いまあえてカセットで作品を発表したという人たちばかりなので、内容もすごく格好いいですし。同世代の音楽として若い子達はとらえているんですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  3. 3

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  4. 4

    「長澤会」躍進 東出昌大かばう“男気”に心酔する女優続々

  5. 5

    なぜ芸能界に「自殺」連鎖が…芸能リポーターが憂う“残像”

  6. 6

    自閉症の子が愛する缶詰がコロナで店から消え…幸せな結末

  7. 7

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  8. 8

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  9. 9

    隠し子疑惑に陰毛事件 坂本1億総活躍相は“下半身ネタ”豊富

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る