有名組長の名刺は3000円 ヤクザグッズは誰が買っている?

公開日: 更新日:

 最近、ヤクザグッズがネット上で売買されている。「SPA!」(6月26日号)では、暴力団の雑用係の男性が倉庫内にあった山口組や稲川会などの代紋、名前が入った名刺などを売っている事例を紹介。名刺とカレンダーは1枚3000円から取引され、有名な組長の名刺は3万円以上。襲名披露の引き出物やアルバムは10万円以上の値がつくそうだ。

 念のため「ヤフオク!」と「メルカリ」でヤクザ関連品を検索したが、該当する商品は見当たらなかった。その代わり、買い取りや売買をしている複数のサイトを発見。某組織の金バッジが2万5000円、代紋入りの灰皿が3万円、亡くなった有名組長の名刺は1万5000円で売られていた。このほか、組長の葬儀の書状(2万5000円)や幹部の集合写真(1万円)など、ヤクザ業界のグッズが並んでいる。

 いつから、誰が買っているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  7. 7

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  8. 8

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    「我慢できない」は嘘 矢野監督よ虎ファンを見くびるな!

もっと見る