角田太郎さん(カセットテープ専門店「waltz」代表)第2回

公開日: 更新日:

僕がAmazonを辞めたわけ

 アマゾン日本法人の二期生として音楽・映像事業やヘルス・ビューティー部門を立ち上げるなど、順風満帆の会社員人生を歩んでいた角田太郎さんは、なぜ会社を辞め、カセットテープ販売店ビジネスに乗り出したのか――。

■人に人生を決められることへの違和感

 ――それでは、なぜwaltz(ワルツ)をやられることになるのですか。

「もちろんこのビジネス(カセットテープ専門店)をやりたかったわけなんですが、アマゾンでのキャリアに飽きてきていた自分というのもいるんです。ぼくみたいにアマゾンでの経験が長くなってくると、消費財もそうだったのですが、うまくいっていないビジネスの建て直しをしてくれというオファーがすごく増えるんですよ。新しいプロダクトを立ち上げるといったときは、業界の人間とか、外資系企業のコンサルタントとかを連れてきます。そうしてひとつのビジネスが始まるわけですが、やはりアマゾン社内の仕組みをわかっている人間がいないといつまでたっても軌道に乗らないんですね。そうするとぼくみたいにビジネスを立ち上げた経験がある社内の人間にちょっとどうにかしてくれないかという話になってくるんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 5

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    シーズン中に異例の発表 G上原を引退に追い込んだ球威不足

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る