「規模小さい」の声も…経団連トップ会社「東レ」の弱みと強み

公開日:  更新日:

 経団連の次期会長に東レの榊原定征会長(70)が就任する。14日、米倉弘昌会長(76=住友化学会長)が正式発表するが、産業界からは、「会社の規模が小さ過ぎる」という不安の声が漏れている。

 会長候補に挙がっていた川村隆氏(日立製作所会長)や坂根正弘氏(コマツ相談役)の所属企業や、トヨタ自動車、キヤノンなど歴代会長を輩出した会社に比べると、売上高や営業利益、従業員数、平均給与など、どれを取っても心もとない(下記表参照)。

「榊原新会長は“財界総理”として、安倍政権の賃上げ要請に応えなければならず、20年東京五輪の資金集めにも奔走しなければなりません。榊原氏は政府の産業競争力会議のメンバーでもあるし、産業界の信頼は厚い。ただ東レは会長会社として、さまざまな負担を強いられます。それに耐えられるかどうか」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る