「東レ」キャンギャル・森友里恵 二重所属トラブルの真相

公開日: 更新日:

 前代未聞のトラブルだ。東レが22日、毎年恒例になっている水着キャンペーンガールの起用中止を決めた。先月31日に、2014年度はモデルの森友里恵(20)と発表していたが、一転して空席となる。特定の女性を立てずに宣伝活動を展開するのは初めてという。

 同キャンペーンは1981年から今のスタイルとなり、山口智子や杉本彩、藤原紀香、山岸舞彩といった著名な芸能人を送り出してきた。34代目に選ばれた森は、スターダムに上るチケットをフイにした格好だ。何とももったいない話だが、東レは「所属事務所において本人の移籍問題に関するトラブルが発生したため」と説明する。いったい、どうなっているのか。

「キャンペーンガールに決まったときの事務所と、現在本人のブログに掲載されている所属先が違うことが分かったのです。今月19日に、キャンペーンを担当する広告代理店に連絡があり発覚。円満移籍ではないことも分かり、キャンペーン活動は困難と判断されたのです」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  10. 10

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

もっと見る