「東レ」キャンギャル・森友里恵 二重所属トラブルの真相

公開日:  更新日:

 前代未聞のトラブルだ。東レが22日、毎年恒例になっている水着キャンペーンガールの起用中止を決めた。先月31日に、2014年度はモデルの森友里恵(20)と発表していたが、一転して空席となる。特定の女性を立てずに宣伝活動を展開するのは初めてという。

 同キャンペーンは1981年から今のスタイルとなり、山口智子や杉本彩、藤原紀香、山岸舞彩といった著名な芸能人を送り出してきた。34代目に選ばれた森は、スターダムに上るチケットをフイにした格好だ。何とももったいない話だが、東レは「所属事務所において本人の移籍問題に関するトラブルが発生したため」と説明する。いったい、どうなっているのか。

「キャンペーンガールに決まったときの事務所と、現在本人のブログに掲載されている所属先が違うことが分かったのです。今月19日に、キャンペーンを担当する広告代理店に連絡があり発覚。円満移籍ではないことも分かり、キャンペーン活動は困難と判断されたのです」(事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る