幹部自殺、75人処分…それでもJR北社長が辞めないワケ

公開日:  更新日:

 20年間にわたるデータの書き換えなどが発覚し、解雇を含む75人の処分者を出したJR北海道。国土交通省は野島誠社長と小池明夫会長を更迭し、新年度から新しい経営陣で再スタートさせる腹積もりだった。

 ところが太田昭宏大臣は「経営陣に求められている責任は今回の措置(鉄道事業法に基づく事業改善命令など)に着実に取り組むこと」と言ってトップ居座りを容認した。「火中の栗を拾う人がいないからです」と言うのは経済ジャーナリストの有森隆氏だ。

「政府はJRグループや地元北海道の経済界からトップを迎え入れるべく人選しましたが、引き受ける人がいないのです。昨年11月に技術系管理職8人を派遣したJR東日本も経営トップを送り込む気はさらさらない。北海道の経営者も腰が引けている。なぜなら複数の組合がいがみ合っているJR北海道はかつてのJALと同じで、グチャグチャなのです。潰さなければしがらみを断ち切れないといわれていて、両社の体質はソックリです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る