「JR崩壊なぜ連続事故は起こったのか?」梅原淳著

公開日:  更新日:

■脱線事故頻発の原因検証

 事故・不祥事が相次ぐJR北海道が直面する構造的問題点を明らかにした緊急リポート。
 まずは、11年5月の石勝線での特急列車火災、脱線事故を検証。乗務員が乗客の避難誘導を始めるまで事故発生から30分以上も要した事実を取り上げ、その原因として定時運行の維持が目的化していると指摘する。以降、頻発する事故や明らかになった線路の整備作業の不備などを論じながら、デリケートなディーゼルカーの使用がひとつの要因であることを解説。さらに、営業損失を経営安定基金の運用益で穴埋めしている経営体質にも言及。同社が抱える闇の部分を浮き彫りにしながら、それらの問題がすべての鉄道事業者にも当てはまると警告する。
(KADOKAWA 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る