JR北海道で相次ぐ自殺…“支配者”を追い詰めた内憂外患

公開日: 更新日:

 JR北海道の闇は深そうだ。11年5月に起きた石勝線の脱線事故処理のストレスを苦に小樽の海に身を投げた中島尚俊元社長に続き、15日、余市港で発見された水死体の身元が元社長で相談役の坂本真一氏(73)と判明した。わずか3年で、2人の社長経験者が自殺するのは異常だろう。

 坂本氏が中島氏の後を追ったのはなぜか。
「JR北を巡るレール異常トラブルでは、同社のデタラメ対応を問題視した国交省が、3度目の特別保安監査を実施。年度内に坂本相談役を含め現経営陣を更迭し、刑事告発する方針でした。一方、同社は一連の不祥事の社内調査を行っていて、その結果が16日発表される予定でした。社内外から追い詰められ、逃げ場を失ったのではないか」(同社関係者)

 国鉄分割民営化でJR北がスタートしたときの取締役鉄道事業本部営業部長が坂本氏で、営業課長として坂本氏を支えていたのが中島氏。2人は会社の中枢を歩んで、トップに上り詰めている。石勝線の事故原因もレールデータの改ざんなども、会社の裏も表もすべて知りうる立場だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  4. 4

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  7. 7

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    【侍ジャパン】稲葉監督にズバリ不安あり!サヨナラ逆転勝利で霞んだ“迷采配”ぶりを検証

  10. 10

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

もっと見る