消費増税に間に合わない企業続出 「ベア実施」の真実

公開日: 更新日:

 大手企業を中心にベア実施が相次いでいる。大メディアは、4月の消費増税で増える家計負担をまるでベアでまかなえるかのように報道しているが、本当にそうか。

 何しろ、ここ10年ほど、サラリーマンはベアと無縁だった。日本を代表する優良企業、トヨタ自動車にしてもベア実施は6年ぶり、ローソンは12年ぶりだ。外食産業に勤める20代社員は、「ベアそのものを知らなかった」と言う。

 ベアは定期昇給とは異なり、物価上昇分などを考慮して給与に上乗せするもの。中小の機械関連メーカーが多く加盟する「ものづくり産業労働組合」(JAM)の集計によると、17日時点で回答のあった398組合のうち、ベア実施は198組合。平均額は1630円(月)となっている。

 ただ妥結したからといって、4月の給料からベア分が上乗せされるとは限らないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る