• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安倍政権「ベア強制」も無意味 40歳以上を襲う賃下げ圧力

 13日の大新聞・テレビは「ベア」一色だったが、実施企業はわずか16%程度。ベア対象者を20代の若手社員に限定する企業も多く、中高年サラリーマンには恩恵が届かない。

 それもそのはず。昨年4月1日、高年齢者雇用安定法(高齢法)が施行され、企業は65歳までの雇用を義務付けられている。彼らの人件費が重くのしかかっているのに、安倍政権に「ベースアップしろ」とドーカツされても、とてもじゃないが企業も財布がもたない。

 結局、あの手この手で賃金制度にメスを入れ、40代以上の社員が泣かされる結果になるのだ。

「最近の主流は、<定期昇給>から<査定昇給>への移行です。これは勤続年数を重ねても、査定が悪ければ給料が上がらない仕組みで、制度変更の際に<40代以上はベアの適用外>など、制限を設ける会社が増えているのです。もちろん、査定のハードルも高く、なかなか昇給できません。非組合員である管理職にもベアを適用してきた企業などは、一気に人件費を削減できるというわけです」(人事ジャーナリスト・溝上憲文氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る