• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安倍政権「ベア強制」も無意味 40歳以上を襲う賃下げ圧力

 13日の大新聞・テレビは「ベア」一色だったが、実施企業はわずか16%程度。ベア対象者を20代の若手社員に限定する企業も多く、中高年サラリーマンには恩恵が届かない。

 それもそのはず。昨年4月1日、高年齢者雇用安定法(高齢法)が施行され、企業は65歳までの雇用を義務付けられている。彼らの人件費が重くのしかかっているのに、安倍政権に「ベースアップしろ」とドーカツされても、とてもじゃないが企業も財布がもたない。

 結局、あの手この手で賃金制度にメスを入れ、40代以上の社員が泣かされる結果になるのだ。

「最近の主流は、<定期昇給>から<査定昇給>への移行です。これは勤続年数を重ねても、査定が悪ければ給料が上がらない仕組みで、制度変更の際に<40代以上はベアの適用外>など、制限を設ける会社が増えているのです。もちろん、査定のハードルも高く、なかなか昇給できません。非組合員である管理職にもベアを適用してきた企業などは、一気に人件費を削減できるというわけです」(人事ジャーナリスト・溝上憲文氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る