ファミマ&ユニー 一筋縄でいかない「統合交渉」3つの障壁

公開日:  更新日:

 果たして、うまくいくのか。10日、経営統合の協議に入ることを発表したコンビニ業界3位のファミリーマートと、4位のサークルKサンクスを傘下に抱えるユニーグループHD。コンビニとスーパーという業種の垣根を越えた大型案件だが、業界関係者の間では、早くも先行きを不安視する声が上がっている。

■メリットは伊藤忠へ

 今回の統合を主導したのはファミマの筆頭株主で、ユニーHDの大株主でもある伊藤忠とされる。大手商社の伊藤忠にとっては、ファミマもサークルKサンクスもユニー系スーパーも商品の納入先。今回の統合は、セブン&アイHDと資本関係のある三井物産やローソンの筆頭株主である三菱商事の後塵を拝する伊藤忠にとって、規模のメリットが大きい。が、裏を返せば、ファミマとユニーHDにとっては、デメリットや越えなければならない壁が高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る