コンビニと全面対決 ファストフード「居酒屋化」の勝算

公開日: 更新日:

 ファストフードの「居酒屋化」が広がっている。

「ケンタッキーフライドチキン」が3月にオープンした読売新聞東京本社ビル店(東京・大手町)では午後5時以降、プレミアムモルツ(600円)やコロナエキストラ(700円)を売り出し、肉を低温油で煮込んだ「コンフィ」(1000円)や黒豚ミートソースパスタ(880円)など、特別メニューを取り揃えている。シャレた食事を出すだけあって、内装もシックで落ち着いた雰囲気を演出している。

「2012年4月に下北沢店3階で“大人のケンタッキー”をイメージした新業態『KFC ROUTE25』を始めたところ、パブ風の造りも良かったのか、20~30代のお客さまに好評で、大手町に2店舗目をオープンしました」(広報担当者)

 スターバックスもビール(650円~)やワイン(750円)も楽しめる新業態の「inspired」を都内で3店舗展開し、吉野家も居酒屋「吉呑み」を始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る