ソフトバンク孫社長は1兆円 官製相場で大儲け「株長者リスト」

公開日:  更新日:

 兜町は「いよいよ日経平均2万円台が現実になる!」と大騒ぎだ。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)や日銀などの公的マネーが主導する歪みきった官製相場だとはいえ、平均株価は年初から3月20日まで2151円(約12%)上昇。昨年来安値の14年4月に比べると5675円(約41%)アップしている。

 自社株を持つ企業経営者の含み益も、ものすごく増えている。20日終値での資産価値を算出したところトップはソフトバンクの孫正義社長だった。

「孫社長が保有する自社株の資産価値は、ソフトバンク株が昨年来高値をつけた14年1月に2兆円を超えていましたが、このところ低迷気味です。だからこそ、積極的なM&Aにシャカリキなのでしょう」(市場関係者)

 それでも資産価値は1兆6341億円とダントツだ。ファーストリテイリング(ユニクロ)の柳井社長は含み益を増やし、1兆円台に乗せた。昨年6月下旬の資産価値は7800億円程度だったから、9カ月足らずで3000億円を上乗せしたことになる。柳井氏の息子も大株主で、親子3人のトータル資産価値は1兆5232億円に上る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る