株価ついに2万円超え…狂乱相場にあえて乗る「必勝28銘柄」

公開日:  更新日:

 日経平均がついに一時2万円を突破し、兜町は狂乱状態だ。

「市場は達成感に満ち、しばらくは2万円前後で落ち着くでしょう。ただ、企業業績は好調だし、GPIFや日銀などの公的マネーの買いは続きます。よっぽどの悪材料が出ない限り、再び上昇カーブを描くと思います」(市場関係者)

 大手証券会社が予想する主要企業の今期(16年3月期)見通しは、経常利益ベースで13.8~16.5%増となっている。

「企業業績と株価は連動性が高い。経常利益が15%増だとすれば、日経平均は15%アップする可能性があります。相場は企業予想を少しずつ織り込みながら、夏ごろまでに2万3000円を目指すかもしれません」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

 これから狙うべき株とは?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る