阪神電鉄、大塚製薬… 徳島が社長輩出率トップになったワケ

公開日: 更新日:

 阪神電鉄(手塚昌利元会長・元社長)、大塚製薬(大塚武三郎元社長で創業者)、英会話イーオン(安藝清代表取締役)など有名企業の社長を輩出した徳島県が注目されている。

「2014年 全国社長 出身地・出身校調査」(東京商工リサーチ)の最新データによると、昨年まで4年連続トップだった山形県を抑えて、社長の輩出率が初の首位に躍り出たからだ。

「輩出率は、個人企業も含めた会社数を人口で割ったものです。徳島県を含め、上位県は人口減少が進んだことによって、相対的に輩出率が高止まっている側面はあります。ただ、倒産企業が少なく、企業を維持させているのが特徴です」(東京商工リサーチ情報本部課長の関雅史氏)

 背景には、県を挙げた起業支援がある。

「既存企業の経営相談はもちろん、07年度以降、起業を希望する経営者に立ち上げ準備から、数年間にわたりフォローアップ支援を行っています。県から認定されれば無担保で融資を受けられるケースもあります。大学生・社会人向けの起業セミナーも主催しています」(徳島県企業支援課・小林敬治副課長)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  4. 4

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  5. 5

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  8. 8

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  9. 9

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  10. 10

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る