新メニューより客の声に耳を…マック「復活」に必要なこと

公開日: 更新日:

 日本マクドナルドホールディングスは8日、3月の既存店売上高が前年同月比29.3%減少したと発表した。これで、マイナスは14カ月連続。1月の異物混入問題が尾を引き、客数も23.5%減と、こちらは23カ月連続のマイナスだ。マック離れにまるで歯止めがかかっていない。

■ファンの方が知っているV字回復プラン

 マクドナルドは昨年10月から、イカスミバーガーやハワイアンテイストのハンバーガーなど期間限定メニューを次々と投入してきた。しかし、ネット上では「そそられない」「新商品じゃもう無理」などと評判はイマイチ。「ファストフード界の雄」も今は昔で、再浮上はもう無理なのか。

 日本第1号店がオープンした1971年からマクドナルドに通うB級グルメライターの田沢竜次氏はこう提言する。

「マクドナルドはメニューも店の雰囲気も、全て若者向け。中高年の客を呼び戻さなければ、再浮上は難しいでしょう。最近の新メニューは、甘ったるくてコッテリしたものが多いため、中高年は敬遠しがちです。かつて、あっさりとした和風の味付けで好評を博した『チキンタツタ』などの“黄金メニュー”をレギュラーに復活させれば、中高年客が戻ってくる可能性はあるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る