新メニューより客の声に耳を…マック「復活」に必要なこと

公開日: 更新日:

 日本マクドナルドホールディングスは8日、3月の既存店売上高が前年同月比29.3%減少したと発表した。これで、マイナスは14カ月連続。1月の異物混入問題が尾を引き、客数も23.5%減と、こちらは23カ月連続のマイナスだ。マック離れにまるで歯止めがかかっていない。

■ファンの方が知っているV字回復プラン

 マクドナルドは昨年10月から、イカスミバーガーやハワイアンテイストのハンバーガーなど期間限定メニューを次々と投入してきた。しかし、ネット上では「そそられない」「新商品じゃもう無理」などと評判はイマイチ。「ファストフード界の雄」も今は昔で、再浮上はもう無理なのか。

 日本第1号店がオープンした1971年からマクドナルドに通うB級グルメライターの田沢竜次氏はこう提言する。

「マクドナルドはメニューも店の雰囲気も、全て若者向け。中高年の客を呼び戻さなければ、再浮上は難しいでしょう。最近の新メニューは、甘ったるくてコッテリしたものが多いため、中高年は敬遠しがちです。かつて、あっさりとした和風の味付けで好評を博した『チキンタツタ』などの“黄金メニュー”をレギュラーに復活させれば、中高年客が戻ってくる可能性はあるでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る