米国が追加緩和を牽制…日本経済「ハイパー円高」突入の恐怖

公開日:  更新日:

 株価を下支えしてきた円安基調がガラリと変わりかねないと、金融市場が警戒を強めている。

「9月以降のドル円相場は、1ドル=120円前後で安定していた。ところが、ここへきて為替相場を揺るがす重要ニュースが立て続けに飛び込んできた。それも、ハイパー円高を誘発しかねない内容だけに不安です」(市場関係者)

 震源地は米国だ。ルー財務長官が債務上限(国債発行枠)に関し、「11月3日までに上限を引き上げなければ、国債がデフォルトしかねない」などと書いた書簡を有力議員に配布したのだ。

 米債務上限問題は毎年のように浮上するが、最後は「引き上げ」で決着する。とはいえ、2011年には問題が深刻化し、大手格付け会社が米国債の格下げに踏み切ったことで、世界同時株安を誘発した。

「それだけに侮ってはいけません。米国債のデフォルト懸念は、ドル安(円高)要因です。問題が長引くと円高進行の可能性が高まります」(株式アナリストの黒岩泰氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る