• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

愛知県警は盗聴に気づかず…日本の警察は世界の笑いもの?

 赤っ恥だ。10日に発覚した愛知県警北署(名古屋市北区)の庁舎内に盗聴器が仕掛けられていた不祥事は“内部犯行説”も飛び交っている。いったい誰の仕業なのか。

「電源タップ型の盗聴器は、北署の刑事課の一室で、延長コードにつながれた状態で発見されたそうです。警察関係者以外ほとんど出入りがない部屋なので、内部協力者がいるとみられている。いつごろから仕掛けられていたかは不明です」(県警事情通)

 盗聴事情に詳しい業界関係者は「名古屋といえば、山口組・司忍組長の出身母体である弘道会がある。その絡みじゃないかなんてウワサもありますが」とこう続ける。

「盗聴器は電源の確保が一番の問題で、その点、市販で2万円程度で買える電源タップ型は最もポピュラーなものです。電波も100~200メートルは飛びますが、比較的見つかりやすい。今回の愛知県警のケースも、テレビ局の取材中に簡単に発覚している。そんなシロモノ、“プロ”が本格的に盗聴する場合には、まず使いません。電話回線を利用するなど、もっとほかの手があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る