愛知県警は盗聴に気づかず…日本の警察は世界の笑いもの?

公開日:  更新日:

 赤っ恥だ。10日に発覚した愛知県警北署(名古屋市北区)の庁舎内に盗聴器が仕掛けられていた不祥事は“内部犯行説”も飛び交っている。いったい誰の仕業なのか。

「電源タップ型の盗聴器は、北署の刑事課の一室で、延長コードにつながれた状態で発見されたそうです。警察関係者以外ほとんど出入りがない部屋なので、内部協力者がいるとみられている。いつごろから仕掛けられていたかは不明です」(県警事情通)

 盗聴事情に詳しい業界関係者は「名古屋といえば、山口組・司忍組長の出身母体である弘道会がある。その絡みじゃないかなんてウワサもありますが」とこう続ける。

「盗聴器は電源の確保が一番の問題で、その点、市販で2万円程度で買える電源タップ型は最もポピュラーなものです。電波も100~200メートルは飛びますが、比較的見つかりやすい。今回の愛知県警のケースも、テレビ局の取材中に簡単に発覚している。そんなシロモノ、“プロ”が本格的に盗聴する場合には、まず使いません。電話回線を利用するなど、もっとほかの手があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る