愛知県警は盗聴に気づかず…日本の警察は世界の笑いもの?

公開日: 更新日:

 赤っ恥だ。10日に発覚した愛知県警北署(名古屋市北区)の庁舎内に盗聴器が仕掛けられていた不祥事は“内部犯行説”も飛び交っている。いったい誰の仕業なのか。

「電源タップ型の盗聴器は、北署の刑事課の一室で、延長コードにつながれた状態で発見されたそうです。警察関係者以外ほとんど出入りがない部屋なので、内部協力者がいるとみられている。いつごろから仕掛けられていたかは不明です」(県警事情通)

 盗聴事情に詳しい業界関係者は「名古屋といえば、山口組・司忍組長の出身母体である弘道会がある。その絡みじゃないかなんてウワサもありますが」とこう続ける。

「盗聴器は電源の確保が一番の問題で、その点、市販で2万円程度で買える電源タップ型は最もポピュラーなものです。電波も100~200メートルは飛びますが、比較的見つかりやすい。今回の愛知県警のケースも、テレビ局の取材中に簡単に発覚している。そんなシロモノ、“プロ”が本格的に盗聴する場合には、まず使いません。電話回線を利用するなど、もっとほかの手があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  6. 6

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  7. 7

    まだまだ売り切れ マスクを店頭で確実にゲットする方法は

  8. 8

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

  9. 9

    東出昌大の“棒読み”も凌駕する 三島映画の白熱議論シーン

  10. 10

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

もっと見る