メーカーに細かい注文…自動運転車に警察庁ピリピリのワケ

公開日:  更新日:

 先月30日から一般公開が始まった東京モーターショー。今回は「自動運転車元年」と呼ばれ、これが展示の目玉になっている。自動運転車は2020年の東京五輪で先導車を務める可能性が高く、政府も日本の技術力を世界に誇示すべく後押ししている。

 モーターショーに先立ちトヨタ自動車は都内の首都高速で自動運転車を公開、報道陣を同乗させ、運転者がハンドルから手を離していても勝手に車線変更する技術などを見せた。日産自動車は「リーフ」の自動運転車が先月31日、東京湾岸沿いの一般道17キロを走り、手離し運転でも横断歩道の歩行者を認識してスピードを落とし、左折するところを見せた。

 自動運転技術は日進月歩で、次世代技術の覇権を握ろうと、IT業界も虎視眈々と参画、ビジネスチャンスを狙っている。その代表格が米グーグルだ。グーグルは無人の完全自動運転を目指しており、いずれタクシーや輸送トラックなど物流分野に進出、人件費削減を売り物にしようともくろんでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る