メーカーに細かい注文…自動運転車に警察庁ピリピリのワケ

公開日:  更新日:

 先月30日から一般公開が始まった東京モーターショー。今回は「自動運転車元年」と呼ばれ、これが展示の目玉になっている。自動運転車は2020年の東京五輪で先導車を務める可能性が高く、政府も日本の技術力を世界に誇示すべく後押ししている。

 モーターショーに先立ちトヨタ自動車は都内の首都高速で自動運転車を公開、報道陣を同乗させ、運転者がハンドルから手を離していても勝手に車線変更する技術などを見せた。日産自動車は「リーフ」の自動運転車が先月31日、東京湾岸沿いの一般道17キロを走り、手離し運転でも横断歩道の歩行者を認識してスピードを落とし、左折するところを見せた。

 自動運転技術は日進月歩で、次世代技術の覇権を握ろうと、IT業界も虎視眈々と参画、ビジネスチャンスを狙っている。その代表格が米グーグルだ。グーグルは無人の完全自動運転を目指しており、いずれタクシーや輸送トラックなど物流分野に進出、人件費削減を売り物にしようともくろんでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る