飼い主襲った犬に13発…警察官の「射撃の腕」は落ちたのか?

公開日: 更新日:

 本当に適切だったのか――。千葉県松戸市の路上で飼い主など3人が犬に噛まれ、110番通報で駆けつけた松戸署の警察官3人が犬を射殺した。同署は「拳銃の使用は適切だった」と話したが、警官3人は13発も発砲したというから波紋を広げている。

 犬は7歳になる紀州犬で体長120センチ、体重21キロ。普段は首輪とリードで住宅の敷地内につながれていたが、逃げ出したとみられる。警察官が犬を見つけた際、制止を試みたが襲いかかってきたため、飼い主の許可を得て、発砲したという。

「正確な数字は分からないが、お腹など相当数、当たっていて、13発目で倒れました。犬は前日にも人を襲うなど凶暴だった。逃げられて、被害者を増やさないためにも発砲はやむなしというのが、警察の判断です」(捜査関係者)

 それにしても13発というのは撃ちすぎじゃないか。銃器評論家の津田哲也氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る