飼い主襲った犬に13発…警察官の「射撃の腕」は落ちたのか?

公開日: 更新日:

 本当に適切だったのか――。千葉県松戸市の路上で飼い主など3人が犬に噛まれ、110番通報で駆けつけた松戸署の警察官3人が犬を射殺した。同署は「拳銃の使用は適切だった」と話したが、警官3人は13発も発砲したというから波紋を広げている。

 犬は7歳になる紀州犬で体長120センチ、体重21キロ。普段は首輪とリードで住宅の敷地内につながれていたが、逃げ出したとみられる。警察官が犬を見つけた際、制止を試みたが襲いかかってきたため、飼い主の許可を得て、発砲したという。

「正確な数字は分からないが、お腹など相当数、当たっていて、13発目で倒れました。犬は前日にも人を襲うなど凶暴だった。逃げられて、被害者を増やさないためにも発砲はやむなしというのが、警察の判断です」(捜査関係者)

 それにしても13発というのは撃ちすぎじゃないか。銃器評論家の津田哲也氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  9. 9

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る