飼い主襲った犬に13発…警察官の「射撃の腕」は落ちたのか?

公開日:  更新日:

 本当に適切だったのか――。千葉県松戸市の路上で飼い主など3人が犬に噛まれ、110番通報で駆けつけた松戸署の警察官3人が犬を射殺した。同署は「拳銃の使用は適切だった」と話したが、警官3人は13発も発砲したというから波紋を広げている。

 犬は7歳になる紀州犬で体長120センチ、体重21キロ。普段は首輪とリードで住宅の敷地内につながれていたが、逃げ出したとみられる。警察官が犬を見つけた際、制止を試みたが襲いかかってきたため、飼い主の許可を得て、発砲したという。

「正確な数字は分からないが、お腹など相当数、当たっていて、13発目で倒れました。犬は前日にも人を襲うなど凶暴だった。逃げられて、被害者を増やさないためにも発砲はやむなしというのが、警察の判断です」(捜査関係者)

 それにしても13発というのは撃ちすぎじゃないか。銃器評論家の津田哲也氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る