飼い主襲った犬に13発…警察官の「射撃の腕」は落ちたのか?

公開日:  更新日:

 本当に適切だったのか――。千葉県松戸市の路上で飼い主など3人が犬に噛まれ、110番通報で駆けつけた松戸署の警察官3人が犬を射殺した。同署は「拳銃の使用は適切だった」と話したが、警官3人は13発も発砲したというから波紋を広げている。

 犬は7歳になる紀州犬で体長120センチ、体重21キロ。普段は首輪とリードで住宅の敷地内につながれていたが、逃げ出したとみられる。警察官が犬を見つけた際、制止を試みたが襲いかかってきたため、飼い主の許可を得て、発砲したという。

「正確な数字は分からないが、お腹など相当数、当たっていて、13発目で倒れました。犬は前日にも人を襲うなど凶暴だった。逃げられて、被害者を増やさないためにも発砲はやむなしというのが、警察の判断です」(捜査関係者)

 それにしても13発というのは撃ちすぎじゃないか。銃器評論家の津田哲也氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る