最有力は米投資ファンド? 低迷マック買収するのはどこだ

公開日: 更新日:

 日本マクドナルドの株式売却に動き出した米マクドナルド本社。最大33%分を手放す方針で、売却額は1000億円規模とされる。大手商社や国内外の投資ファンドなどが譲渡を打診されているというが、既存店の客数が31カ月連続で前年割れという“ボロ会社”を立て直すのは容易ではない。どこが手を上げるのか。

「最有力候補は米投資ファンドの『ベインキャピタル』だと思います。ベインは今月24日、ジュピターショップチャンネルの持ち株50%をジュピターテレコムに売却することで合意し、1000億円を確保したばかり。資金的な余裕ができた。ベインはここ数年、レストランチェーンへの投資に力を入れている。2011年に買収した『すかいらーく』では、いったん上場廃止にして、昨年再上場させた実績がある。長期に業績が低迷しているマクドナルドについても、すかいらーくと同様の手法でやれるとソロバンをはじいていておかしくない」(企業買収に詳しい外資系金融関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  4. 4

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    キムタクと中居“SMAP言及”に沸くファンと忖度TV局の温度差

もっと見る