• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最有力は米投資ファンド? 低迷マック買収するのはどこだ

 日本マクドナルドの株式売却に動き出した米マクドナルド本社。最大33%分を手放す方針で、売却額は1000億円規模とされる。大手商社や国内外の投資ファンドなどが譲渡を打診されているというが、既存店の客数が31カ月連続で前年割れという“ボロ会社”を立て直すのは容易ではない。どこが手を上げるのか。

「最有力候補は米投資ファンドの『ベインキャピタル』だと思います。ベインは今月24日、ジュピターショップチャンネルの持ち株50%をジュピターテレコムに売却することで合意し、1000億円を確保したばかり。資金的な余裕ができた。ベインはここ数年、レストランチェーンへの投資に力を入れている。2011年に買収した『すかいらーく』では、いったん上場廃止にして、昨年再上場させた実績がある。長期に業績が低迷しているマクドナルドについても、すかいらーくと同様の手法でやれるとソロバンをはじいていておかしくない」(企業買収に詳しい外資系金融関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る