スマホ機能付き小型ロボ シャープ「ロボホン」誰が買う?

公開日:  更新日:

 シャープにとっては久々に明るい話題だ。

 モバイル型ロボット電話「ロボホン/SR-01M-W」を来月26日に発売する。

 価格は19万8000円で、スマホとしては高いが、小型ロボットとしては“適正価格”。14日から予約が始まった。年間6万台の売り上げ、半年後の黒字化を目指すというから、なかなか強気である。

 高さ約19.5センチ、重量約390グラム。通話、メール、写メなどスマホの基本機能の他、プロジェクター機能もあり投影が可能だ。

「自由度(動かせる関節数)」は13で、ソニーのAIBO(自由度20)にはやや劣るが、立ち上がってゆっくりと二足歩行し、ダンスも踊る。これらは音声の指示で動く。

 気になるのがロボホンのシャベクリだ。

「ユーザーのプロフィルや利用状況を学習し、関連した“コメント”をすることは可能です。たとえば生年月日や履歴などから、その人に合った曲を提案してきたりします。“意外な提案”など複雑なものは今はできませんが、もう少しのところまできています。アプリを随時、更新していきます」(シャープ広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る