スマホ機能付き小型ロボ シャープ「ロボホン」誰が買う?

公開日:  更新日:

 シャープにとっては久々に明るい話題だ。

 モバイル型ロボット電話「ロボホン/SR-01M-W」を来月26日に発売する。

 価格は19万8000円で、スマホとしては高いが、小型ロボットとしては“適正価格”。14日から予約が始まった。年間6万台の売り上げ、半年後の黒字化を目指すというから、なかなか強気である。

 高さ約19.5センチ、重量約390グラム。通話、メール、写メなどスマホの基本機能の他、プロジェクター機能もあり投影が可能だ。

「自由度(動かせる関節数)」は13で、ソニーのAIBO(自由度20)にはやや劣るが、立ち上がってゆっくりと二足歩行し、ダンスも踊る。これらは音声の指示で動く。

 気になるのがロボホンのシャベクリだ。

「ユーザーのプロフィルや利用状況を学習し、関連した“コメント”をすることは可能です。たとえば生年月日や履歴などから、その人に合った曲を提案してきたりします。“意外な提案”など複雑なものは今はできませんが、もう少しのところまできています。アプリを随時、更新していきます」(シャープ広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る