【ドローン大流行】単なるオモチャの域を脱して宅配から戦争まで使われるドローンとは?

公開日:  更新日:

「ドローン・ビジネスの衝撃小林啓倫著

 もともとは軍事利用だったドローンが一気に注目されたのは、高度に発達した通販や宅配への応用にメドがつき、コスト削減に絶大な威力を発揮する見込みが立ったからだ。

 本書はこのビジネス利用に特化した経済書。ドローンの商業利用で有名なのはアマゾン・ドットコムの宅配だが、たとえば土木工事や大型建設工事では広大な現場とその周辺を気軽に空撮し、さまざまな問題への対処に役立てることも可能。これまでは救急車で輸送するほかなかった輸血用の血液などをドローンで迅速に運搬することだってできるわけだ。

 もちろん防犯目的での使用もできる。IT通の経営コンサルタントである著者によれば、ドローンは単なる飛行物体ではなく「空飛ぶロボット」のようなもの。確かに情報収集から輸送、軽作業までこなすドローンはロボットに等しい。かつて自動車が出現したときと同じぐらいの歴史的なインパクトだという評価は誇大ではないだろう。(朝日新聞出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る