低価格で高品質 庶民を救う“ジェネリック家電”は今が買い

公開日: 更新日:

 ジェネリック家電が話題だ。中小の家電メーカーが手掛ける家電のことで、大手メーカーの製品と変わらぬ性能を持っている。ジェネリック薬品をもじった言葉だ。名付け親で(社)ジェネリック家電推進委員会の近兼拓史代表理事が言う。「安さの理由は、①特許期限が切れているため高額な使用料が不要②超大手メーカーではないのでブランド料がいらない③過剰な機能を付けない④定番部品を用いる、などでコストを抑えているからです。それだけでなく各社独自の技術を駆使して付加価値を付けるなど品質もいい。決して安かろう悪かろうのB級品ではありません。若い人はもちろん、高齢者にも評判です」。社会人の新生活が始まる時期だが、新生活5点セットもジェネリック家電なら5万円ほどで揃う。現在、推進委員会が認定しているジェネリック家電メーカーは二十数社。近兼氏におすすめを聞いた。

■山善・扇風機

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  3. 3

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  6. 6

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  7. 7

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  8. 8

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  9. 9

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  10. 10

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

もっと見る