日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

会計から袋詰めまで自動化 コンビニ初「レジロボ」の実力

 業界初となる完全自動セルフレジ機「レジロボ」が話題だ。コンビニ大手のローソンとパナソニックが提携し、今月12日から経済産業省の支援の下、実証実験をスタートさせた。

 実験店舗は大阪市の「ローソンパナソニック前店」だ。買い物客は、専用のカゴを使って商品を購入する。買い物カゴに「バーコード読み取り機」が付属しているので、客自身が欲しい商品をそこで読み取って、カゴに入れる。その後、セルフレジ「レジロボ」にカゴをセットすると、カゴの底がスライドして、台座に用意されたレジ袋に自動的に詰められる。

 支払いは、現金、クレジットカード、ポイント精算などに対応。将来的にはスキャンなしのスピーディーな精算で、顧客利便性が向上するという。

 来年2月にはRFID(電子タグを導入した)実証実験を行う計画だ。商品につけられた電子タグを「レジロボ」が自動で読み取るシステムで、買い物客はバーコードを読み取り機にかざす必要がなくなる。商品を専用カゴに入れ、「レジロボ」にセットすると、自動的に購入金額が表示されるのだ。「レジロボ」導入で店舗運営に必要な人数を1割程度、減らせるとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事