特製ダレの開発に6年 「くら寿司」370円牛丼発売の狙い

公開日: 更新日:

 100円寿司で人気の回転寿司チェーン「くら寿司」が4日、全国の店舗で新たに「牛丼」の発売を始めた。価格は吉野家の並より高い税別370円。味の決め手は7種類の魚介を使用した特製ダレで、独自の製法で開発まで6年かけたという。

 回転寿司チェーンが牛丼業界へ殴り込みをかけるのは、初めてのこと。その狙いとは何か。

「牛丼は老若男女問わず人気で市場も大きい。ウチの強みはサイドメニューが豊富なことです。牛丼だけでなく寿司やデザートもあるので、従来の牛丼チェーンとは違う楽しみ方ができます。1人では牛丼チェーンに入りにくかった人も、広いテーブル席でゆっくり食事ができます」(くら寿司広報担当)

 日刊ゲンダイ記者は早速、都内の店舗に向かった。注文後、3、4分で牛丼が運ばれてきた。味は甘めでサイズ、量、肉質は吉野家とほとんど変わらなかった。ただしタッチパネルでオーダーするため、ツユ抜きやネギ抜きなどを頼めないのが、マイナスポイントだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  9. 9

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  10. 10

    体重60キロ説まで…日テレ水卜アナを襲う“リバウンド地獄”

もっと見る