ファンケル 島田和幸社長<3>カリスマ創業者から受けた薫陶

公開日:  更新日:

 島田和幸がファンケルの社長になったのは今年の4月だ。入社した2003年からは管理部門にいて、13年に常務、グループサポートセンター長になってからは会長に復帰した同社の創業者、池森賢二にいちばん近いところで働き、薫陶を受けた。

「創業者は2013年まで10年間、引退していたのですが、会社の成長が鈍ったと感じたので、陣頭指揮を執ることにしたのです」

 池森の指示は「まず店舗を立て直そう」だった。2013年当時、170店の店舗があった(現在は約200店舗)。池森は島田を呼んで、告げた。

「店の力が落ちている。立て直すには店舗スタッフの給料を一律2万円、上げよう」

 島田は驚いた。店舗で働くスタッフの給料を平均で毎月2万円引き上げると、年間で3億円近くかかってしまう。本部長だった島田にしてみたら、すぐには実行できない施策だった。何とか実現に向けて動きだしたのだが、1週間後、再び池森から問われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る