ファンケル 島田和幸社長<3>カリスマ創業者から受けた薫陶

公開日: 更新日:

 島田和幸がファンケルの社長になったのは今年の4月だ。入社した2003年からは管理部門にいて、13年に常務、グループサポートセンター長になってからは会長に復帰した同社の創業者、池森賢二にいちばん近いところで働き、薫陶を受けた。

「創業者は2013年まで10年間、引退していたのですが、会社の成長が鈍ったと感じたので、陣頭指揮を執ることにしたのです」

 池森の指示は「まず店舗を立て直そう」だった。2013年当時、170店の店舗があった(現在は約200店舗)。池森は島田を呼んで、告げた。

「店の力が落ちている。立て直すには店舗スタッフの給料を一律2万円、上げよう」

 島田は驚いた。店舗で働くスタッフの給料を平均で毎月2万円引き上げると、年間で3億円近くかかってしまう。本部長だった島田にしてみたら、すぐには実行できない施策だった。何とか実現に向けて動きだしたのだが、1週間後、再び池森から問われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  9. 9

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  10. 10

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る