ファンケル 島田和幸社長<1>2人のカリスマから直接学んだ

公開日: 更新日:

 ファンケルは東証1部上場企業。化粧品と健康食品の製造販売をしている。創業者の池森賢二は、肌にやさしい無添加の化粧品を開発し、自ら顧客に届け、ファンを増やしていった。そういった立志伝中の人物から見込まれたのが現在の社長、島田和幸(61)である。

「私は今年の4月に社長になりました。それまで、化粧品と健康食品は、持ち株会社の下に子会社としてぶら下がっていたのですが、連携が不十分で機動的に動いていなかった。実は、当社の化粧品とサプリをともに購入されているお客さまは多いのです。にもかかわらず2つの子会社に分かれていた時には、それぞれが独自のアプローチをしていました。お客さまにとっては煩わしいことですよね。そこで、私は持ち株会社を解消し、1つの組織にまとめてお客さまにサービスしていくことにしました。当社は世の中の『不』を解消するために生まれた会社です。不安、不満、不便、不利益、不健康……。ですから、まずは組織連携の不十分を解決するところから社長の仕事をスタートしたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る