ファンケル 島田和幸社長<1>2人のカリスマから直接学んだ

公開日: 更新日:

 ファンケルは東証1部上場企業。化粧品と健康食品の製造販売をしている。創業者の池森賢二は、肌にやさしい無添加の化粧品を開発し、自ら顧客に届け、ファンを増やしていった。そういった立志伝中の人物から見込まれたのが現在の社長、島田和幸(61)である。

「私は今年の4月に社長になりました。それまで、化粧品と健康食品は、持ち株会社の下に子会社としてぶら下がっていたのですが、連携が不十分で機動的に動いていなかった。実は、当社の化粧品とサプリをともに購入されているお客さまは多いのです。にもかかわらず2つの子会社に分かれていた時には、それぞれが独自のアプローチをしていました。お客さまにとっては煩わしいことですよね。そこで、私は持ち株会社を解消し、1つの組織にまとめてお客さまにサービスしていくことにしました。当社は世の中の『不』を解消するために生まれた会社です。不安、不満、不便、不利益、不健康……。ですから、まずは組織連携の不十分を解決するところから社長の仕事をスタートしたのです」

 島田は1955年、広島県三原市に生まれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質