ファンケル 島田和幸社長<2>サプリメントという言葉を広めた

公開日: 更新日:

 ファンケルは横浜に本社を置く化粧品、健康食品の会社だ。直近の年間売り上げは963億円で、従業員数は945人。東証1部上場企業である。

 今年の4月に社長に就任した島田和幸は大学を出た後、スーパーのダイエーに入社したのだが、2003年にファンケルに入った。

「まったくの縁です。化粧品、健康食品のプロではなかったのですが、ダイエー時代の上司だった宮島(和美前社長)から誘われたこともあり、入社しました」

 島田が入った年、ファンケル創業者の池森賢二は引退し、後継はローソンの会長だった藤原謙次になった。ダイエー時代の仲間が大勢、入社したのである。

 島田がまず勉強したのはファンケルの成り立ちと商品についてだった。

「創業者の池森は脱サラした後、数人の友人とコンビニを始めたのですが、うまくいかなくなり、友人たちはいなくなってしまった。残った2400万円の借金をひとりで背負い、返済しながら無添加の化粧品を開発し、販売したのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    小池知事「3連休の怠慢」都内感染1000人超えはまさに人災

  5. 5

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  6. 6

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  7. 7

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

もっと見る