ファンケル 島田和幸社長<3>カリスマ創業者から受けた薫陶

公開日: 更新日:

 島田和幸がファンケルの社長になったのは今年の4月だ。入社した2003年からは管理部門にいて、13年に常務、グループサポートセンター長になってからは会長に復帰した同社の創業者、池森賢二にいちばん近いところで働き、薫陶を受けた。

「創業者は2013年まで10年間、引退していたのですが、会社の成長が鈍ったと感じたので、陣頭指揮を執ることにしたのです」

 池森の指示は「まず店舗を立て直そう」だった。2013年当時、170店の店舗があった(現在は約200店舗)。池森は島田を呼んで、告げた。

「店の力が落ちている。立て直すには店舗スタッフの給料を一律2万円、上げよう」

 島田は驚いた。店舗で働くスタッフの給料を平均で毎月2万円引き上げると、年間で3億円近くかかってしまう。本部長だった島田にしてみたら、すぐには実行できない施策だった。何とか実現に向けて動きだしたのだが、1週間後、再び池森から問われた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  3. 3

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

もっと見る