• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

パラリンピック選手に出会い方針転換したトヨタ豊田社長

 自動運転について、業界トップのトヨタ自動車は当初、積極的ではなかった。「自律走行技術はドライバーとの協調によって、事故ゼロを目指すのが目的」と強調し、長らく自動運転という言葉を使うのをあえて避けてきた。

 それは豊田章男社長の考え方によるところが大きかったためだ。自らテストドライバーとしてハンドルを握る豊田社長は「車を操るのはあくまでも人間」と公言し、自動運転技術は「人間が安心して車を運転できるようにサポートするための技術」と位置づけてきた。

 そんなトヨタが2015年ごろに大きな方針転換をする。きっかけになったのは豊田社長が格好いい車に乗りたがっているパラリンピック選手たちに会ったことだ。それを境に「運転することができない人を含むすべての人に移動の自由を提供する」という方針が生まれ、“完全自動運転”に向けてグループを挙げて積極的に取り組むことになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  5. 5

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る