狙いは“ちょい飲み客” マクドナルド中身増量作戦の舞台裏

公開日: 更新日:

 プラス100円で中身が2倍――。マクドナルドの新サービスが注目を浴びている。

 今月19日からスタートするもので、毎日午後5時からレギュラーの定番バーガーを対象に、100円追加すれば肉やエビ、ブタなど、中身のパティを2倍にしてもらえるのだ。対象商品はハンバーガー(通常100円)やビッグマック(390円)、グランクラブハウス(490円)など16品目。たとえばビッグマックは490円で通常2枚のパティが4枚になる。夕方から閉店時間まで注文可能。ただしチーズや野菜などは増量されない。

 もとは昨年6月に愛知、岐阜、三重の3県で試験的に始めたサービス。これを全国版にする。

「お得な値段でボリューム感を楽しめると好評をいただきました。学生さんやご家族連れなど幅広いお客さまを期待しています。学生さんには授業が終わり、お腹が減った5時ごろに夕飯代わりに食べていただきたいと思います」(同社PR部の当山心コンサルタント)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  2. 2

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  3. 3

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  6. 6

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  7. 7

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  10. 10

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

もっと見る