吉野家&はなまるで好評 「共通定期券」のしたたかな戦略

公開日:

 今年3月15日から300円で発売された期間限定(4月1日から5月7日まで)の「吉野家・はなまる共通定期券」は、大好評を博しました(1店舗600枚限定販売)。

 それもそのはず、300円の定期券を会計時に見せるだけで、吉野家の丼、定食、カレーなどが1食ごとに80円引きになり、吉野家傘下の讃岐うどんチェーン「はなまる」では、てんぷら1品が無料になる――という大盤振る舞いだったからです。

 380円の牛丼並盛なら、80円引きで300円なので実質21%もの割引率です。吉野家の営業利益率は2%程度ですから、牛丼だけの注文では完全な赤字でしょう。

 しかも、会計時に同伴者の料金もまとめて払えば、何食分でも80円引きに! 4人一緒に牛丼を食べると、320円分の割引なので1回で定期券の元は取れます。1人で4回牛丼を食べても同じです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る