コカ・コーラ初のアルコール 缶酎ハイ「檸檬堂」の成否は

公開日: 更新日:

 コカ・コーラシステム(東京)が5月28日から缶酎ハイ「檸檬堂」シリーズを販売すると発表した。世界展開するコカ・コーラグループが自社ブランドとしてアルコール飲料を発売するのはこれが初めてのため話題になっている。

 発売するのは「檸檬堂 定番レモン」(アルコール度数5%)と「檸檬堂 塩レモン」(同7%)、「檸檬堂 はちみつレモン」(同3%)の3種類で、まずは九州地区での限定販売を行う。内容量350ミリリットルで希望小売価格は150円だ。

 酎ハイやハイボール、レモンサワーなどのアルコール系缶飲料はフタを開ければすぐに飲めることから「RTD(Ready To Drink)」と呼ばれる。ビールの売り上げが下降気味なのに対して、RTDの市場は好調だ。

「RTD市場は売り上げが毎年10%増で、今後も拡大が見込まれています」とは経済ジャーナリストの真保紀一郎氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る