メーカーズシャツ鎌倉・貞末良雄会長<1>VANに中途入社する

公開日: 更新日:

「鎌倉シャツ」と聞けば、おしゃれな人なら大抵の方が知っているだろう。百貨店で買えば1万円以上はする高品質なシャツが、税別4900円というお値打ち価格で販売され、世間をアッと言わせた。上質な綿100%、縫製も丁寧で、光沢のある貝ボタンを使ったこだわりシャツは一気に人気となった。

 画期的なシャツを世に送り出した「メーカーズシャツ鎌倉」の創業は、いまから25年前、1993年のことである。創業者の貞末良雄会長(77)は現在77歳。53歳の時、会社を立ち上げている。年齢を感じさせず、身にまとった仕立ての良いジャケットやネクタイと相まって、おしゃれな紳士という風情だ。

 貞末は8人きょうだいの三男坊として山口県柳井市で生まれた。父親は広島市内で衣料品店を営み、中学に上がる頃には貞末も広島に移住した。

「テニス部に所属して、ガキ大将でしたね。勉強のほうは国語や社会が嫌い。数学とか化学、物理が好きでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  5. 5

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る